月命日

父が他界して早1ヶ月が経つ。本当にあっと言う間だった。でも倒れてからは毎日が目まぐるしく終わった。悲しむ暇もなくとにかく先の事を考えて実のところ父を思いやれなかった気がしてならない。
もしかしたら情けない娘だと思われているかも知れない。とにかく今やれる事をやってしまわなければ泣くに泣けない気がして。

葬儀を通してなかなか勉強になった。
今まで知らない世界がたくさんあったし 色々興味深い事もあった。身内が居なくなる事で今まで
考えなかった思いも生まれた。ただ。
葬儀は故人との別れが辛いけれどこの別れを通して新に再会もはたしてくれた。
なんとなく …父が疎遠になっていた色んな人との間を取り持ってくれたような気がした。
それはやっぱり父の人あたりの良い性格ゆえの事なのかも知れない。忙しい中でふとそれに気付いた時にポロポロ涙が溢れた。もう少し。もう少ししたら
ゆっくりと父に感謝しつつ泣ける。
もう少し…。